お花モチーフ

hear item manual

髪飾りに使用する花を選ぶ際の
注意点について

髪飾りは顔や頭部に華やかな印象を与える装飾品の一種で、季節感を演出するために切り花を用いることもあります。
花の美しさをファッションに取り入れることで見栄えを良くする効果がある一方で、鮮度の保持や服装との釣り合いを考慮することが大切です。
切り花を髪飾りに用いる際は変色や虫食いが無く、瑞々しい物を選ぶように心がけます。
品種によっては日持ちしない物もあるので取り扱いには細心の注意を払う必要がある他、匂いで虫が集まってくることもあるので事前に加工を施すことも大切です。
季節感を演出するためにはそれぞれの季節に適した品種を選ぶことが大切ですが、品種によっては高額な物もあるので慎重に選びます。
髪飾りは頭髪に直接触れる装飾品なので、髪が汚れないように日頃から清潔な状態を保ちます。
逆に頭部の皮脂や垢などがこびり付くこともあるので、使用後は必ず汚れを落としたうえで変質を防ぐために暗所に保管することが重要になります。

失敗しない振袖と花の髪飾りの合わせ方

成人式や卒業式などの式典に振袖を着ていく場合、花の髪飾りをすると華やいだ雰囲気が出てよいものです。
花の種類は好みで選んでも問題ありませんが、気をつけなければならないのは色の組み合わせです。
どんなにきれいな髪飾りであっても振袖との色がマッチしていなければ台無しになってしまいます。
ポイントは振袖に近い色を選ぶことです。
帯の色も考慮して2種類くらいの色の組み合わせにするのが無難でしょう。
例として人気の髪飾りを選ぶとすれば、ひとつはベージュを基調としたものにゴールドレースをあしらったデザインでしょうか。
ベージュはどんな色にも合わせやすく、ゴールドのレースで華やかさをさりげなく演出することができるのも人気の理由です。
また、オレンジを基調に黄色を織り交ぜたアートフラワーも人気のデザインのひとつです。
他にも真珠を取り付けた紫色のバラなども振袖にはよく似合います。
逆に赤は洋装のイメージですが白い羽付きの赤い花を赤い振袖に合わせるのも面白いかもしれません。

Valuable information

最終更新日:2017/1/19